ブログ

飛騨高山工場見学へ

販売スタッフ全員で、岐阜県高山市にある 『柏木工』 さんの工場に行って参りました。

職人さんたちの元気な挨拶で迎えられ、工場内を見学させて頂きました。

木材を扱っているとは思えないくらい、木クズが全くなくとても綺麗な工場です。

 

ど~んと積まれたいろいろな種類の木材。

その中から、テーブルや椅子に合うものを選び必要な寸法にカットしていきます。

 

材木も人間と同じで、ひとつとして同じものはありません。色や木目もさまざまです。

テーブルの天板は、何枚かの組み合わせで大きな1枚になります。小さな1枚を色・木目を合わせながら丁寧に選んでいきます。

 

こちらは、椅子の工程です。

硬い材料も、釜で蒸され型に入れると、こんなに曲がります。

木材によって異なるようですが、曲げに1時間・乾燥に24時間、それを1週間寝かせるそうです。

とても手間が掛かりますが、曲げることによって、椅子の背が美しくかつ強度のある形になるんですね。

 

↓↓↓ 奥に並んだ丸いものが釜です。

結構距離がありましたが、ほこほこと温かさが伝わってきました。

きっと釜の近くはアツいでしょうね。

 

座る部分の加工です。

 

 

専用の機械「座グリ機」で、座る部分を削っていきます。

座面が板ではない場合も、こちらでウレタン加工・縫製を行います。

 

ところどころで、Welcome看板^^♪

 

バラバラだった部品が、組み上げらます。

 

椅子がゆらゆら~と、こちらはなんとも可愛らしい光景!!

塗装やオイル仕上げをされた椅子たちが、ゆっくりと乾燥されながら回っています。
オイル仕上げの場合だと、2日間ここいます。

いろんな材や形がありますね。お客様からご注文を頂いてからの生産なので、こんな光景になります。
大量生産ではなく、受注生産の証ですね。

こちらは、生産管理板。1時間あたりの生産予定数と進行状況がわかるようになっており、少し遅れると点灯し、遅れに対して早く次の対応ができるようになっているそうです。

 

最終確認の手触り検品を終え、梱包されます。

 

梱包材や梱包用バンドの色の意味など、最後の最後まで細かい作業がされていました。

工場を見学させて頂いて、本当に安心してお客様にお届けできることを、改めて感じました。

そしてこちらでは、修理工房が工場内にあります。

どんなに良いものでも、長く使い続けるとキズや汚れ、そして壊れたりもします。

20年前・30年前に生産されたものでも、壊れた部品を手作りして修理をするそうです。

良いものを永く使って頂きたい!メーカーの責任感が伝わります。

 

職人さんの想いと細かな作業で仕上がったモノたちの素晴らしさを、ひとりでも多くのお客様に伝える。
これは、SHOPとしての使命ですね。

寒いこの時期は、家の中で過ごす時間も長くなりそうです。心地の良い空間になる家具選び、お手伝いさせて頂いています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

『 オーダーメイド フェア』開催

order_kaisaityu_side_03

『 カーテンフェア 』開催

hidukenashi_side_03

ARTWOOD on Facebook

ページ上部へ戻る