WORKS

“北欧”と“日本”の融合

永平寺町のY様邸に家具・照明の納品に伺いました。

Y様のお宅は “和” を基調とした造りになっていて、とても落ち着く空間です。

インテリアや雑貨などは、もともと “北欧” のものがお好きとのことで、

家具・照明選びも “北欧” を意識して選んでいただいたので、

私自身、まさか “和” の空間に合わせるとは思ってもいませんでした。

   

畳敷きに障子窓、、、一見、和室に見えますが、こちら玄関ホールなのです。

しかも、こちらの玄関ホールには、ウォールナット材のCH24(Yチェア)を飾っていただきました。

玄関を開けた瞬間に、インテリア雑誌から飛び出したような、素敵な空間、真似したくなりますね。

 

こちらがリビングダイニングです。

ダイニングチェアは、Yチェアと同じ、ハンスJ.ウェグナーのCH33チェアを。

 

食卓の上の照明には、デンマークを代表する照明ブランドlouis poulsen(ルイスポールセン)のPH1/2をお選びいただきました。

ソファのうしろに置いてあるスタンド照明も同ブランドのもので、有名な建築デザイナーであるアルネ・ヤコブセンがデザインしたものです。

 

北欧の名作の家具・照明はシンプルでありながらも、美しいフォルムのものが多いです。

長い時間を過ごす、室内空間を居心地のよいものにしようと、考え抜かれた北欧家具。

 

この  “北欧家具”  と  “日本”  の融合がとても素敵で感動させられました。

Y様のこだわりが詰まったお宅を拝見させて頂き、私自身とても勉強になりました。Y様、ありがとうございました。

ちなみにこちらは、Y様の私物です。

デンマークへ旅行に行った際に購入したそうです。かわいいですね.

 

ページ上部へ戻る